スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産レポ3

そしてLDRのベッドで呻いているうちにいきなり15時ぐらいに、バチンッという体感とともに破水。バケツの水を返したようにとはまさにこのこと。しかも私は羊水も多めだったらしく。助産師さんに手伝ってもらいながら、寝姿勢で着替え。寝返りうつぐらいなら濡れたままでいいです…とは言えない。

破水したことで陣痛も段違いに痛くなる。赤ちゃんも出来た子で急に下りてきたが、一方でゴリゴリ感が半端ない。いきまないでー、ふーうん、ふーうんと助産師さんによる指導。ふんふん言いながら、ゴリゴリに耐える。まさにスラダン。ただひたすらに痛く、暑い。喉が乾くが水分はとれない。

もっと降りて来いと、尿道にカテーテルを入れ水分を抜かれる。これもまた陣痛とは違う種類の激痛。足を閉じないで、体をよじらないでと指導。ううう…

17時の内診で7cmまで子宮口が開く。「なんとかなりそう、ここまで頑張ったから、せっかくなので自然分娩にしましょう。」と医師。一般的に第二子とか子宮の戻りとか考えたら医師は自然を選択すると頭ではわかっていても、せっかくなのでってなんだー!他の言い方をすべ…痛い!と思いながら、フンフン悶える。続く。

スポンサーサイト

出産レポ2

さて入院は決まったものの内診したところ子宮口3cmのまま、赤ちゃんは全く下がっていないとのこと。そして浮上した巨大児問題!実は39週の健診で骨盤のレントゲン撮影して産み方を決定する予定だったのだが、それより前に陣痛が来た形。急遽陣痛の波に耐えながらレントゲン撮影することになる。

そこで耳を疑う言葉。

まっすぐ立って脚の間に定規を挟んでください。

ぬぬんっ

頑張ってプルプルしながら定規挟んで立ち撮影。正直こちらは移動や台の昇降もきついのだよ…ヨタヨタとLDRに戻る。戻るといっても総合病院だったので、造影室から産婦人科までの道のりは長い。この頃は5分間隔の陣痛。14時。

しばらくすると医師登場。骨盤出口と赤ちゃん頭蓋の差分が10mm以下なら帝王切開で15mm以上なら自然分娩らしいのだが、私の場合は13mmとのこと。なんだよおおその閾値設定は!!様子を見て切り替えましょうと言われる。まずは17時まで頑張ってとな。いっそのこと初めから切ってくれとオットな人にコソーリ愚痴る。

帝王切開に向け医師が同意書とるために色々説明してくださるのだけど、正直陣痛で質問どころではない。サインもしんどいが早くしてくださいとのことで、ミミズ文字でウニョウニョサイン。この時点から、帝王切開に向け一切水分摂取禁止。代わりに点滴が入る。続く。

出産レポ1

いやー、おしるしの記事から更新完全ストップしておりましたが、この2日後に息子を出産しました。嵐のように過ぎた3か月。どんどん記憶が薄れていくので、更新していこう…

あれ?お腹が痛い?と気になりだしたのは25日の夜。これはよく聞く前駆ってやつではないかーと、まさか本気のやつじゃないよねと思いつつ陣痛アプリを起動する。

まだ15分おきぐらい。本陣痛始まったら寝られないはずだ、寝てみよう!と謎にポジティブに寝る努力をする。朝4時から6時ぐらいまで2時間意識を失ったので、まだ自分もそこまで本気にしていない。

しかし朝9時ぐらいから痛い時に、グッと脂汗出るようになる。間隔は15分から8分ぐらい。11時ぐらいに一応病院に電話してみるものの、私の声に余裕があったのか、全間隔が10分以内になるまで待とうと1時間様子を見るように指示される。

陣痛の波が来ていない時はあまり痛くないんですね。1時間の間に私がしたことは、

ハーゲンダッツを食べること!

母乳によくないから今のうちにと言いながらパクパク食べる私、母や夫は本当に痛いんだろうか?と若干不信に思っていたでしょう。

12時に全間隔が10分以内になったのでタクシーで病院へゴー!帰されるのだけは勘弁してくれー!と祈りつつ。病院では、陣痛や胎児心拍をはかるNSTをつけて、20分に3回波が来ていることが確認されたため、入院決定。このNSTの陣痛(お腹の張り具合?)の軸のMaxが99らしいが、この時ピーク値は75。続く。


おしるし騒動

ふ◯です。大体2週間程度サイズに誤差があると言われていたビッグベビーさん。本日38週目突入。健診時にはダースベイダーのテーマソングが頭を流れるんだよねあははーと母と話し、ちゃーんちゃーんちゃーんちゃちゃーんちゃちゃーんと音楽を流していたら(胎教には向かなすぎる)、茶色のおりものが出てきました。



おいおいこれは今までと違うよ?ダースベイダーくん。

昼間になると少量出血が始まりました。おいおい、これはおしるしと言うやつかね?ダースベイダーくん。

おしるしとは出産前にある兆候の1つで、7割ぐらいが1ー3日後に陣痛が始まります。残りの3割は特段関連性なし。

今日は実は健診だったのでそのまま病院へ。子宮口が3センチ開いているそうな。10センチ開いたら分娩じゃなかったけ?3分の1て結構開いていないか?と思うんですが、いかんせん陣痛もなく破水もしてないのでひとまず帰宅で待機となりました。

ビッグベビーさんは推定体重3800g。頭の大きさはあまり変化なく、胴体がむちむち太くなる形で先週より大きくなってました。ひとまず誘発の話は立ち消え。どうなることやら〜

巨大児?

こんばんは、ふ◯です。助産師さんにネットの情報に振り回されるなと言われます。まあね、確かに栄養ドリンクが出産を早めるとかいうジンクスや、赤ちゃんマッサージをしないと将来子供がグレるなんて話は鼻ほじりながら(比喩デスヨ)適当に流します。

こういう症状が出たら障害が云々の知恵袋的な話題は、鼻はほじりませんが思考を停止させ別のページに飛ぶことにしています。

しかしついつい穴のあくように見てしまうのが「日本産科婦人科学会 ー産科診療ガイドライン2014」です。420ページにもわたる壮大?なガイドライン。こういう資料は医師らがエビデンスに基づいて学会のたびに内容を議論しているので、他の情報より信用できると思っています。誰でも閲覧できるような形で、産婦人科に限らず他の専門でもネット上に落ちている場合が多いです。購入する場合もありますが。

巨大児(4000g以上)についても記載があります。巨大児の普通分娩リスクは主に鎖骨骨折などの外傷と脳性マヒの発症リスクの増加(通常サイズの4倍)です。ただし超音波による巨大児予測の精度は高くありません。14件の文献によると感度12〜79%らしいです。12ってなんだ笑。

また誘発分娩で早めに出す場合と、予定日まで待機した場合とでは、肩甲骨折数に有意差がないという論文もあれば、38週に出すと減少するという論文もあるようで、医師のガイドラインでも明確に指示はされていません。

他にも分娩時にはこうしろという技術が色々書いてあるんですが、すごい図が目に飛び込んで来ました。



お、おう…

肩甲難産の減少に役立つらしいですが…

どうなるんだ私のお産!とりあえず無心で歩こう。素人判断で恐縮だけど、結局38週ぐらいに自然に陣痛に始まることがベストな気がする37週5日目の妊婦です。(←振り回されている患者。

ママ満足度

こんばんは、お腹の拡大が止まらないふ◯です。歩いていますがまだ生まれません。今日は気合いで最寄りの赤ちゃん本舗に行って来ました。目当ては家事の間に赤ちゃんを横にさせておくチェアです。

2大ブランドがアップリカとコンビ。

アップリカのスウィングのキーワードを聞くと、サッカーフィールドでFXばかりやっていた研究室同期を思い出します。まぁ彼が授業実習でやったことなんて、製品の前では立ち消えているでしょうが笑。

話は戻りまして。もう私も含め素人にはどちらのチェアがいいのかわからんのです。でも高い買い物なので、夫婦で鼻の穴膨らまして比較するわけです。

椅子に限らず製品売る時に記載されるのが「満足度◯◯%」というやつ。こういうのを見て満足度って何やねんと思ったりしたことないですか?ちなみに今回は両社とも「ママ満足度95%」。

ひねくれ夫婦は赤ちゃん本舗で「n数」とか言い出します。変な客。ちなみに、そうならざるを得ないのですが自社調べ。アップリカは63名モニターで「入眠、あやし、落ち着かせで満足かやや満足と回答」が満足度の定義。コンビは23名モニターで「使用してとても良かった、良かったと回答」が満足度の定義。数字が同じでも比較する意味がないんですね…

ま。

うちの赤ちゃんが気に入ればなんでも良いんだけどさっ!

ちなみにコンビの方は客観的考察としては2010年から椅子のスウィングについて、学会発表してるのがciniiに出てます。有料で家のネットワークから見られません涙。しょうがない…最後?の手段で特許の実施例を!というパワーまではまだないです。

概要からでは母の心拍周期とスウィングの周期が一致すると寝つきが早いらしい。ちなみにコンビの周期は69回/分。私は頻脈気味なので、大体80から110ぐらい。ちゃんと効果あるのか不安です。

きっと職場の人にはそんな論文読むぐらいなら…と言われることでしょう。

謝辞

どうもふ◯です。ツイッターで「お前大学院生とつきあってるのかよ!やめとけって!博論の謝辞に名前書かれるぞ!」って呟きが人気になっていますが、うちの場合お互いがお互いの謝辞に記載されているんですがどうしたらいいんですかね…私の謝辞にはオットな人に対して

研究に対するアドバイスをありがとうございます

と書いてありますが

オットな人の論文謝辞には私に対して

オモロい話をありがとうございます

と書いてあります(もちろん表現は違う)。先輩後輩だったとは言え、なんだこの役に立っていない感は!まぁ…研究能力に関してはかなわないのは事実なので、オモロい話で頑張るしかありません(違。

最近は散歩頑張っています。息切れしたり椅子座らないとしんどいですが、5000歩以上は歩いています。最近は付き添いの母の方が先にバテるので、追い込めていませんが。

シルバーウィークはオットな人と会えるので頑張って運動量稼ごうと思います(*^^*)。

正産期突入

36週6日目。健診に行ってまいりました。ビッグベビー過ぎて全部の指標で推定週数が出なくなりました。頭98.4mm、腹囲346.5mm、足70.8mmで推定体重3574g。確実に予定日通りなら4000gを超えるだろうとのこと。

地元のクリニックから転院して来た頃は、主治医の先生も慌てたビッグベビーでしたが、最近は「うん、相変わらず今週もでかい」「はは…」というような雰囲気。エコー上は問題もなく、私が妊娠糖尿病という訳でもなく、「ただでかい元気な子」になっています。

何故こんなに大きいのか…両親ともに小柄だし、私の妊娠前からの体重増加も5キロちょいです。むしろ顔は小さくなっているとか。栄養どんどん吸い取られています。

明日から37週で正産期。どんどん運動して陣痛を促すよう言われています。1、2時間歩けと言われていますが、母にそれに付き添う体力がないので、何故か父の出勤前に朝練ウォーキング(朝5時から)が始まる案が浮上中。ひ〜。





星が見える名言集100
Twitter
 
プロフィール

ふ○ちん

  • Author:ふ○ちん
  • 工学部大学院生(♀)のBLOG。だったのですが、一応2010年より社会人になったアラサー技術系会社員のBlog。

    相変わらず、ちまちまと研究畑で鎌で作物を刈っています.しかし畑を今までのアプローチから近いようで遠い分野に変えました。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

ブログ内検索
よく巡るところ
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。